2012年06月04日 category : WordPress tags :

WordPressのパーマリンク設定を早い段階でやった方が良い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

permalink-view

WordPressのパーマリンク(Permalink)設定と設定について自身の考えをまとめてみました。

ブログ開始前の投稿記事がまだない、または投稿記事の数が少ないうちに設定しておきたい項目にパーマリンク設定があります。パーマリンク(permalink)とはブログ個々の投稿記事へのURLのことです。Permanent+Linkの略で永続的な(Perma)リンクという意味になります。

WordPressでは記事単位でURLが発行されますので記事を投稿するだけでそのページに対してURLがつきます。しかし初期状態では xxx.com/?p=123 のように記事固有の投稿番号ID(ここでは123)となっています。

この形式は見た目にもURLから投稿内容がわかりにくく、また検索エンジンにも不向きであると言われています。SEO対策の一貫としてもパーマリンクをカスタマイズしましょう。

01 . パーマリンク(Permalink)の設定

WordPress管理画面の左のメニュー「設定>パーマリンク設定」を選択します。共通設定部分にデフォルト/日付と投稿名/月と投稿名/数字ベース/投稿名/カスタム構造/という項目があります。

permalink

それぞれどのような形式でURLが生成されるのかは右側に表示されています。これはブログの形式やスタイルによってどれを使用するか異なると思いますので一概にこれがオススメです!っていうのは無いと思います。自分のブログに合った形式を選択してください。

02 . パーマリンク(Permalink)の変更

ブログの運用を始めたあとで変更することも可能ですが、パーマリンクを変更するということは記事のURLが変更されるということになります。他のサイトからリンクされていたり検索サイトにINDEXされていたURLが変わるということです。

そういった場合リンク切れが発生します(一部リダイレクトされるようですが…)。Permanent+Linkという名の通り、パーマリンクは永続的、普遍的に変わらないものが望ましいので投稿記事が増える前のブログ運用初期の段階で決めてしまいましょう!

03 . 私はこう考えた

「自分のブログにあった形式を選択してください。」とは言いましたが共通設定で5種類のパーマリンク設定、それと自由に項目を変更できるカスタム構造が選択肢の中にあります。カスタム構造まで含めるとその選択肢は膨大な量になります。

その膨大な選択肢の中からひとつ選択するわけです。「選択してください。」ではあまりに投げっぱなしな気がするので「私は」こう考えたっていうのをお伝えしようと思います。

これが正解だとは言い切れませんし、先述したように各々のブログのスタイルによっても変わると思います。ただ永続的に使用するつもりのパーマリンク設定です。自分自身がその選択に対し納得のいくものであればよいと思います。

04 . 結果、私は「日付と投稿名」を使うことにしました

まずシンプルに投稿名にしようかと考えました。xxx.com/sample-post(投稿名)/ という形です。これは短くてシンプル。しかし記事数が少量であれば把握できますがこれから長く続けていこうと考えているブログです。いつか投稿名かぶるんじゃね?と思いました。
(これはかぶった場合、xxx.com/sample-post-2/ というように番号が付くみたいです)

次に考えたのがカスタム構造を使って xxx.com/カテゴリー/投稿ID/ の形です。そもそも毎回投稿名を考え入力するのが面倒くさいんじゃないかと考えたわけです。投稿IDなら勝手につくしカテゴリーさえ分けとけば何についての記事かもわかるしーと。

しかしこの投稿IDですが、記事投稿以外にも使われるため連番にならないのです。同じカテゴリーに分けられている記事 xxx.com/category/1 の次が xxx.com/category/6 だったりします。ユーザが category/5 あるんじゃないかとアドレスバーで入力するとNOT FOUNDです。

これを踏まえて投稿名は都度入力することにし xxx.com/カテゴリー/投稿名 にほぼほぼ決定していたのですが、私、優柔不断な面があるので記事を書いた時点では◯◯カテゴリーだと思っていても数日後には△△カテゴリーに変えたいと思うかもしれません…

この場合もカテゴリーを変更するとURLが変更になってしまいます。カテゴリー変えないという自信がない…(-_-;)
とこんな感じの脳内対談があって、最終的には「日付+投稿名」の形となりました。

permalink-meeting

決定の理由としては投稿名を毎回入力する必要があるが、そもそもブログ記事の文字量から考えたら微々たる量であること。日付をつけることにより投稿名がかぶらない。情報系の記事が現在多いため日付があったほうが親切に思えた。という感じです。

あくまで「私は」こう考えた。という形ですのでご自身のサイトにあったパーマリンクを検討してみてください:D

05 . 投稿名に日本語を使う際の注意点

投稿名にはデフォルトでは記事のタイトルが引っ張られてきますので、そのまま日本語のURLが作られることになります。URL内に日本語を含ませることは可能ですのでサイト内で表示上問題はないのですが、日本語を含むURLはアドレスを貼る場合などに問題が出てきます。

URLに日本語を含むアドレスをCOPYしてメモ帳などに貼ってみてください。日本語部分が「%E9%9D%94%E6%C5%A6%E6%」というふうになると思います。文字数によってはとても長くなるため、この記事みてーってメールなどで送る場合とても長くなります。

長くなるだけでちゃんとアクセスはできますので問題はないのですが、このような現象が起こりえるということは知っておいたほうが良いと思います。

HOME >>  WordPress > WordPressのパーマリンク設定を早い段階でやった方が良い理由