2012年07月10日 category : WordPress tags :

全部1行でカスタマイズ出来る!WordPressのタグクラウド表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag-cloud

wp_tag_cloud()を直接呼び出すことでタグクラウドをカスタマイズしていきます。全部1行!

タグクラウドをカスタマイズしていきます。タグクラウドはWordPress2.3以降で使用できるタグ一覧を表示するサイドバーやフッターによくあるやつですね。ウェジェットにもありますのでそのまま使うことも出来ますが直接呼び出すことでカスタマイズ可能です。

ウェジェットでは変更できないフォントサイズの変更や、タグ数が46以上ある場合は表示されないので上限の変更、含めたくないタグの削除などのカスタマイズなどをしてみましょう。基本的に1行で出来ますので必要に応じで設置してみてください。

01 . タグクラウドの呼び出し

タグクラウドを直接呼び出すには次の1行を追加してください。

<?php wp_tag_cloud(); ?>

これだけでウェジェットと同様のタグクラウドは表示されます。このwp_tag_cloud()は引数をとれるのですが、上の状態では何も引数を渡していない状態です。このカッコの中に引数として値を渡してあげることでタグクラウドの表示をカスタマイズしていきます。

tag-sample01

02 . タグクラウドのフォントサイズの変更する

上の画像を見てもらえると分かると思いますが、タグクラウドは使用している記事件数に応じてフォントサイズが変わります。初期値では記事件数が少ないタグを8pt(ポイント)、記事件数が多いタグを22ptで表示するようになっています。これを変更してみましょう。

<?php wp_tag_cloud('smallest=8 & largest=18'); ?>

一番小さいフォントサイズ(記事件数が少ない)を「smallest」に、一番大きいフォントサイズ(記事件数が多い)を「largest」に整数値で設定します。記事件数で判断していますがフォントサイズの最小、最大の設定ですのでsmallest > largest の数値は設定できません。

pt(ポイント)がイマイチ分かりにくいという方はpx(ピクセル)で指定することもできます。引数unitを&で追加して設定することが可能です。こんな感じ

<?php wp_tag_cloud('smallest=8 & largest=18 & unit=px'); ?>

tag-sample02

03 . タグクラウドの表示件数を変更する

初期値では最大45個となっていますのでタグが46以上ある場合、表示されていないタグが出てきます。最大値を変更してみましょう。最大値を50にしてみます。

<?php wp_tag_cloud('number=50'); ?>

最大数がわからないほど沢山タグを使用している場合は全タグ表示も可能です。引数に0を指定してください。

<?php wp_tag_cloud('number=0'); ?>

04 . タグクラウドから除外したいタグを指定する

メモ的な投稿などタグクラウドから除外したいタグがある場合は、タグクラウドから除外することが可能です。除外したいID番号を指定します。カンマで区切ることで複数除外することもできます。

<?php wp_tag_cloud('exclude=5,34'); ?>

tag-sample03

ところでIDって何番なのでしょうか?WordPressでは各操作に対してIDが割り振られますのでタグだけで1から順に並んでいるわけではありません。ちょっと難点ですねX(

IDを簡単に確認できる方法を紹介します。使用しているブラウザによって表示は異なりますが操作はほぼ同じはずです。まずあなたのブログやサイトをブラウザで表示し、何も表示されていない部分(画像とかがない場所)で右クリックします。

右クリックするとメニューのなかに「ページのソースを表示」という項目があると思います。クリックするとHTMLでソースコードが表示されます。その中に「tag-link」から始まる部分がありますので探してみてください。tag-link-15とあればタグIDは「15」です。

tag-sample04

05 . タグクラウドの表示順を変更する

初期値では昇順(0→9、A→Z)で並んでいます。これを降順にするには引数で”DESC”を指定します。昇順は”ASC”です。このへんはExcelとかと同じですね。

tag-sample05

<?php wp_tag_cloud('order=DESC'); ?>

WordPress2.5以降ではランダムに表示することも可能です。

<?php wp_tag_cloud('order=RAND'); ?>

06 . タグクラウドを記事件数順に表示する

初期値ではタグ名の昇順で並んでいますが、これを記事件数の昇順にすることもできます。引数orderbyにcountを指定します。初期値では「orderby=name」が指定されています。

<?php wp_tag_cloud('orderby=count'); ?>

05ステップ目で紹介した引数を組み合わせると記事件数の多い順に並べることもできます。

<?php wp_tag_cloud('orderby=count & order=DESC'); ?>

いかがでしたか?全部1行でカスタマイズできるタグクラウドの紹介でした:)

HOME >>  WordPress > 全部1行でカスタマイズ出来る!WordPressのタグクラウド表示