2012年12月22日 category : Mac tags :

最大パフォーマンスを手に入れよう!Macbook Proの格安メモリ交換

このエントリーをはてなブックマークに追加

memory

”Macbook Proを最大メモリ8GBに増設しました。飲み放題1回分くらいの金額で出来ます。”

忘年会シーズンになりましたね。気心知れたみんなでワイワイとお酒の席は楽しいものです。予算は飲み放題・食べ放題3,000円〜4,000円くらいでしょうか?

楽しいお酒の席も捨てがたいですが、同じ予算でいまお使いのMacbook Proのメモリを最大値にできることご存知ですか?
今なら税込およそ3,200円でメモリを最大値8Gに増設・換装できちゃいます!

メモリやハードディスクドライブ安くなりましたねぇ。

01 . Macbook Proのメモリ交換

先日OSをMountain Lionに変えたこともあり気分新たにメモリを交換してみました。OSだけでなく複数のアプリを使用するときやメモリを食うアプリを起動しているときにメモリは多く使われるのでメモリは多いに越したことはありません。

数年前のマシンをパワーアップさせるもよし、最新マシンを公式注文時の半額以下でメモリ増設するもよしです。自分での作業になりますのであくまでも自己責任にはなりますが、約3,200円しかも10分ほどでできちゃいます。

02 . 現在のメモリの確認方法

左上のリンゴマーク()をクリックし「このMacについて」をクリックすると現在の情報が表示されます。メモリも表示されていますね。

before

03 . 対応するメモリの確認方法

一言でメモリと言ってもその種類は様々です。デスクトップ用、ノートパソコン用でサイズや種類が異なります。またノートパソコンの中でも沢山の種類やサイズのメモリがあります。

ですのでメモリ購入前に自分のパソコン(ここではMacbook Pro)がどのメモリに対応しているのかを調べる必要があります。まずは自分のMacbook Proの年式を調べます。先ほどの「このMacについて」にある「詳しい情報」をクリック。

memory-01

ここから私のMacbook Proのディスプレイサイズと年式は13-inch,Mid 2009であることがわかります。メモリは載せ替えたあとにキャプチャ撮ったので8GBになってますが「1067 MHz DDR3」という種類のものです。

ディスプレイサイズと年式がわかれば
公式:MacBook Pro:メモリの取り外し方法と取り付け方法でメモリの最大メモリとメモリの種類を確認します。間違えるとお金勿体無いですしね。

公式サイトで「MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)」を確認すると最大メモリ8GB、メモリカードの種類はDDR3方式、PC3-8500 DDR3 1066 MHz タイプの RAMのメモリであることが確認できす。

これで私が必要とするメモリは「PC3-8500 DDR3 1066 MHz」であることが判明しました。

04 . 1066 1067

ちょっと余談になりますが、いま説明の中で2つの数字が出てきたのですがお気づきになったでしょうか?「このMacについて」から確認したメモリは「1067 MHz DDR3」、公式で確認したメモリは「1066 MHz DDR3」。

1066か1067どっち買えばいいのー!ってことになりますが結論からいうとこのふたつは同じものです。1066MHzを買えばOKです。1066は1066.6666…という値になりますので表示は四捨五入された値が表示されているだけです。

05 . メモリの購入

さてメモリですが2枚構成となっています。8GBの場合、4GBを2枚入れることで8GBとします。4GBの場合は2GBが2枚刺さっているという感じです。パフォーマンスを最大限に使うために同じ種類、同じサイズのものを2枚用意します。

メモリを電気街に買いに行ったのですが見当たらなかったのでAmazonで購入しました。自宅にいながら商品購入できるってほんと便利ですよね。

購入したのは「Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB」を2枚。購入時1枚1,540円でした。2枚で3,080円です。値段は変動しますがここ最近はこれくらいのようです。

memory-02

06 . メモリの交換作業

※分解作業になりますので作業は自己責任で。精密機器になりますので作業前にパソコン以外の金属を触るなどして静電気にも注意してください。

さていよいよメモリを交換します。Macbook Proを裏返してネジを外していきます。この時、必ず電源は落としておいてください。充電ケーブルも外しておきます。ネジは+00の精密ドライバーで丁度いいくらいのサイズです。

全部で10本ありました。サイズが異なるので後でどの位置にどのネジが入るのかわかるようにしておいてください。全部のネジを外したら蓋をあけます。メモリの登場です!あれ?1枚しかないよ?って感じですが2枚上下に重なっています。

memory-03

メモリが発見できましたので今ついているメモリを取り外します。横につまみがついているのでそのつまみを横方向に広げるとメモリがポコッと浮いてきますので抜き取ります。下に2枚目が現れるので同様に2枚とも抜き取ります。

memory-04

取り外しが完了したら次は購入したメモリを取り付けます。メモリには金色の端子部分がありますのでその部分をいまメモリがあった場所に差し込みます。メモリには切れ目があるのでその切れ目があう方向で取り付けます。この金色の端子部分は触らないようにしておいてください。

斜め上から奥までしっかりと差し込んだら(この時点ではメモリは斜めを向いている)上からパチッと音がするまで水平になるよう押し込みます。2枚とも同じ方法で取り付けます。

memory-05

2枚ともしっかりと固定されたら完成です。Macbook Proのフタを閉じます。

07 . 交換したメモリの確認作業

リンゴマーク()をクリックし「このMacについて」から現在の情報を表示させてみましょう。無事8GBと表示されました。

after

メモリ交換をしたことがないという人でもメモリは抜き差しするだけですので比較的簡単に交換できると思います。お休みの期間中お使いのパソコンをパワーアップしてみては如何でしょうか?

HOME >>  Mac > 最大パフォーマンスを手に入れよう!Macbook Proの格安メモリ交換