2013年02月12日 category : Mac tags :

MacbookProでWiFi設定をクリアせずに無線LANを再接続する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

wifi

”MacbookPro:無線LANの暗号化、パスワード変更後にWi-Fi設定のクリアなしで接続する方法”

WiFiの暗号化を変更などした際、MacbookProではそれまでの設定を元に接続しにいくので無線LANに繋がらなくなってしまいます。未接続のアクセスポイントではパスワードを聞かれるのですが、繋げていたところでは聞かれません。

設定をクリア出来ると簡単にパスワードを入力しなおし接続できるのですが、この以前のパスワードがなかなか消えてくれません。今回はそんな場合に簡単に接続し直す方法を紹介します。

01 . 再設定する

結論としては再設定し直します。と言ってもややこしいWiFi設定は不要です。まずはメニューバー(ツールバー)のWiFiのアイコンをクリックします。すると近隣にあるアクセスポイント(SSID)の一覧が表示されると思います。

ここには今回、暗号化の方式を変更した従来接続していたアクセスポイントもあるはずです。これはここではスルーし、「他のネットワークに接続…」をクリックします。

wifi-01

「Wi-Fiネットワークを検出して接続」ウインドウが開きますのでネットワーク名に接続したいアクセスポイントのSSIDを手入力し、セキュリティ(暗号化形式)と新たに設定したパスワードを入力し、「接続」をクリックします。

wifi-02

これで過去のパスワードは無視され新たにそのSSIDに対して接続しにいくのでパスワードがあってさえいれば繋がるようになります。

02 . メニューバーにアイコンがない場合

「システム環境設定」→「ネットワーク」を開き左の項目から「Wi-Fi」を選択します。下のほうに「メニューバーにWi-Fiの状況を表示」という項目がありますのでチェックを入れてください。

wifi-03

これでメニューバーにアイコンが表示されます。アイコンからでなくてもこの「ネットワーク」画面から同じように設定が出来ますのでメニューバーに項目を増やしたくない人はここから設定でもいいと思います。

無線LANの暗号化方式、またはパスワードを変更した際の再接続方法でした。

HOME >>  Mac > MacbookProでWiFi設定をクリアせずに無線LANを再接続する方法